男性でも更年期は訪れます

2016-06-27_175602

更年期と聞けば大半の方が、女性の事を思い浮かべると思いますが、男性にもあるようです。

私の父が60歳を過ぎた頃、少し以前と変わった様子に家族が気づき始めました。父は私の就職をきっかけに、小さな会社ですが起業し代表取締役として20年ほど勤務しています。独立当時はまだ若く、会社の経営や仕事の運営にも積極的に行っていました。しかし数年前あたりから、父の様子が少しずつ変わり始めました。何だかやる気がなく、表情も笑顔が消えて言葉も少なくなったのです。

これらの症状が、一度に訪れたわけではないのですが、1年前と比べると表情には、はっきりと違いが分かる感じでした。休日も出かける事を拒み、自宅にいる事が多くなりました。心配した母と私は、症状から病院を調べて総合病院の心療内科を受診する事にしました。

心療内科では、問診から先生と面談をしてもらい、認知症などの簡単なチェックも行いました。まだ現役で働いている父には認知症の症状は認められず、診断は、男性更年期とうつ病が一緒になっているとの事でした。血液検査で、男性ホルモンの数値も下がっていたので、更年期障害の一つですとの説明がありました。男性でも更年期あるんですか?と尋ねると、60代くらいになると男性もうつ病などを発症する理由に更年期障害がありますとの事でした。

その後父は、薬を処方していただき、2か月に1度ペースで心療内科を受診して、現在では少し状態は安定しています。本人からはなかなか、病院を受診するのは難しいので、家族が早めに気が付いてあげる事も大切だと思います。”

Recommended Reading

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です