切実な男性のシンボルについての悩み

男性にとって性器の悩みは冗談半分などではなく日常生活が手につかなくなるほどにまで困るようなことになりかねないのですが、私としての見解はあえて手術など医療行為の助けを借りないということが大事です。

いわゆる包茎の状態は私も悩んでいることであり毎日のように定期的なケアが必要になるので面倒であることこの上ありませんが、周囲に改善のための手術を受けた人の話を聞いていると震えが止まらなくなるほどの恐怖心を植えつけられてしまいました。

2016-07-14_174547

友人のうち数人は包茎手術を受けた経験を有しており、現在は使い物にならなくなってしまうほどの被害を受けています。排尿すらできないほど壊死してしまい後日になって友人が調べてみると悪徳クリニックであるということが判明してしまったために、いろいろな支援制度を受けることができなくて結局のところ自費で修正手術に挑戦するほかに選択肢がなくなってしまったというわけです。そのクリニックというのは私も包茎手術のために立ち寄ろうと考えていた場所ですから、友人が犠牲になってくれたおかげで助かったと重い安堵することができました。

包茎で何が悩みの種かと言えば、粘膜の周辺から細胞分裂によって生じたゴミがよしなに排出されることなく皮の内側に留まってしまうということにあります。こればかりは包茎という状態を何とかしない限りは改善の兆しが見えないのですが、やはり個人的には手術ではなく日常のケアで対処したいです。

Recommended Reading

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です