突発性難聴が原因で突然聞こえなくなった左耳

去年の春のことでした。対人関係のトラブルなどでストレスが重なっていた時、突然左耳が聞こえなくなってしまいました。正確に言うと、左耳の聴力だけが著しく低下し、左右の音のバランスが取れなくなってしまいました。

左耳の聴力に異常を感じる1週間ほど前から、不眠や頭痛、異様な肩こりなどの症状が次々に表れていました。元々気圧の変化に弱く、体調不良になることも多かったのでさほど気にすることもなく、何とかやり過ごそうと思っていた矢先のこと。突然、今までに感じたことのない耳詰まり感に襲われ、これはただ事ではないと直感し、すぐに近所の耳鼻科を受診することにしました。

診断の結果、突発性難聴と診断され即入院という運びになりました。あまりに急なことでこちらが驚いてしまい、何が何だかわからないままに紹介を受けた総合病院へ向かいました。移動した先の病院でも改めて聴力検査やMRIを受け、そのまま入院です。

先生の話では、突発性難聴になる直接的な原因というのは解明されておらず、ストレスが関係しているとのこと。思い返せば、いろんなことが重なり精神的にも身体的にも疲れがたまっていた時期だったので、その説明にも納得でした。

治療は内服薬と点滴で行われ、基本的に自由に過ごせました。とにかくストレスのある状況から離れ、静養する意味でも入院は必要だと言われました。

私の場合、幸いにも当時は仕事をしておらず家族の協力も得られたので、何も心配することなく入院ができました。

突発性難聴は、治療開始時期が遅くなると回復が難しいと言われているそうです。なぜなら、聴力は約1か月で固定化してしまうからです。私の場合は発症してから3日で病院を受診、即入院という経過だったので比較的早く治療をはじめられた方だと思います。

1週間の入院で、徐々に左耳の聴力が回復しているという実感が得られました。そして退院後、約1か月ほどで先生に完治と言われ本当に安堵したのを覚えています。

突発性難聴の患者さんの中には、後遺症が残ったり聴力が戻らなかったりする人も多いと聞きました。私は本当に運が良かっただけで、この病気はだれがいつ発症してもおかしくない病気です。耳に異常を感じたら、ぜひ早めの受診を心がけてください。

2016-09-08_185819
男性不妊対策におすすめのマカサプリ:はぐマカ

私自身が「健康じゃない状態」を経験して思ったこと

健康って本当に大切です。
でも健康は身体だけの問題では決してなくて、心も健康じゃないと本当の健康とは言えません。きちんと自分の悩みを話せる相手がいる事も必要です。

自分の中で抱え込んでしまっているとその事こそが病気の原因となってしまっています。話せる相手=聞いてくれる相手が人間には誰しも必要です。人間は誰しもみんな寂しがりやで弱い所を内に秘めているからこそ、そういう心を開ける相手がいない人はそういう相手を早く見つけてください。

健康じゃないってどういう事なのかわかっていない人もたくさんいると思います。自分は健康だと思っていても外から見たら健康に見なえいなんて人もたくさんいます。「病気してないから健康」って思ってしまっているからです。まだ今は病気になっていないだけで心にたくさんのストレスを抱えていたら、いつか、そう長い月日ではないうちに必ず本当の病気になってしまいます。

心の病気の診断は簡単です。最近楽しいと思える時間がありますか?最近笑えていますか?(心から、つくり笑いでは駄目です。)これだけです。この片方でも当てはまらない人は心が健康とは言えません。

誰しも悩みを抱えない人なんてこの世には存在しないと思います。それをどうやって発散しているのかという事です。上記で述べたように話せる相手が必要なんです。心底痛みを共有してくれる相手。親友・旦那さん・奥さん・兄弟・姉妹でも誰でもいいです。この人ならと自分が心底信じる事が出来る相手。決して裏切らないと信じる事が出来る相手が必要なんです。

心の病気は、数々の大きな病気の原因にもなっています。人間誰しも体の中にはがん細胞を持っていてそれが発症するかしないかだけなんです。たくさんストレスを抱えていたら、やがて本当に大きな病気にむしばまれてしまいます。今日という1日は今日しかないのに、どうせなら楽しく笑って過ごせる毎日を送りたいですよね。